変わらないで。百日草

entry2017-056 (カナザワ映画祭2017期待の新人監督ノミネート作品) 大学を卒業し、社会人になった哲夫・ヨシ・愛海・美木。4人は未だに高校時代、演劇部での卒業公演を引きずっていた。久しぶりの同窓会、彼らは雷と共に高校時代へタイムスリップする。 繰り返す、卒業公演。すれ違い。見つからない答え。昔のある神学者は言いました。 「変えられるものは変える勇気を、変えられないものは受け入れる謙虚さを」 果して本当の友人関係とは、一体どの様なものなのか?変わってしまうものなのか? ついに卒業公演当日。愛海と美木は、お互い言えなかった本当の気持ちを伝え合う。哲夫は二人の姿に、友人関係の1つの在り方を見た。そして、このまま変わらないでいたい、と考えるのであった。 制作:川北夢希(中央大学映画研究会)
変わらないで。百日草 利用お問い合わせ

市町村マップから検索